サイトへ戻る

フードビジネス最新情報 7/9 号

· ニュース

●CWカンパニー:甘太郎で「東京ー大阪」の店舗を繋ぐリモート専用席設置。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000104.000035155.html

リモート専用席を設けることで、店舗ならではのサービスの相乗効果を価値としてアピールしています。さらに業態の特徴である、少人数で食べきれる小ポーションメニューが充実している点も”ウリ”としています。業態の強みを上手くアピールしている事例です。

●新業態:完全ノンアルコールバー「0%」が六本木にオープン!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000044207.html

お酒は一切なし、完全にノンアルコールドリンクのみのバー業態は日本初とのこと。
ドリンク・フードは全てヴィーガン対応で、幅広い人が「等しく」楽しめる構成に。
アルコール離れが進む昨今、ノンアルコール市場はさらなる広がりを見せるかもしれませんね。

●ケータリング:オフィスや自宅で夏祭り気分を楽しめる!コロナ対策をした『夏祭りセット』販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000036259.html

夏祭りや花火大会が中止になっている今夏。
お祭り屋台コンセプトのセットは、宴会セットの利用シーン提案として、幅広い業態で活用できそうです。

●銀座クルーズ:アニバーサリー需要増加中。夕方の時間を有効活用「クルーズクルーズTHE GINZA」『アフタヌーンティー・アニバーサリー』をリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000014947.html

現在、少人数でのレストラン需要が多く、アニバーサリーシーンでの利用が増加傾向の銀座クルーズ。
1日中どの時間帯でもお祝いができるように、「特別な日は1日中アニバーサリー!」を掲げ
ランチとディナーだけでなく、新たに「アフタヌーンタイム」も営業に加えたそう。
これまでとは異なる時間帯にも、ニーズが生まれている事例です。

●調査:今後の食品買物行動を予測。3S「手作り(セルフ)」「ストック」「節約」に拍車か。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000011547.html

コロナ自粛で食費の高騰や、料理の負担が増加。今後の消費行動としては食費の節約・手作り・ストックで、家事負担と食費の負担のバランスをとっていくことが感じられました。世の中の消費行動を踏まえ、今後の販促につなげていきたいですね。

●調査:コロナ自粛期間中にダイエットに成功した女性が意識して食べていた食材TOP10
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000041954.html

6/25号の販促キーワードでもピックアップした「コロナ太り」。
減量を意識する女性たちが、今後注目したい食材のランキングでもあります。
TOP3は筋トレ効果でも注目される「ブロッコリー」「鶏むね肉」「たまご」でした。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK