フードビジネス最新情報 3/26号

· ニュース

● キッチンカープラットフォーム「街角ステージweldi」と駐車場予約アプリ「akippa」が業務提携。キッチンカー出店場所に駐車場シェアサービス最大手のakippa駐車場を活用

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000299.000016205.html

先日ニュースにもなっていた、キッチンカー事業は新しい販売形態の1つ。飲食店経営のスタンダードが「店舗を構えてお客様を待つ」から「お客様のいるところへ売りに行く」時代に変わるかも?出店にあたり初期投資だけでなく、家賃・水光熱費などの固定費が圧縮できるのも大きなメリットになりそうですね。

● 丸山製麺:日本初!全国の有名ラーメンが24時間買える冷凍自販機「ヌードルツアーズ」を開発。3/23(火)より販売開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000046590.html

一方こちらは本格ラーメンを非対面式で24時間買えてしまうという進化版自販機が登場しました。お家で手軽にお店の味が楽しめるのは嬉しいですね。売上低迷の解決策として発案されたそうですが、ただ数字を補うのだけでなく、こういったものも活用したブランドや商品のプロモーションを兼ねた販促というのも、出来るかもしれませんね。

● JR東日本:新大久保駅に新しい食文化提案の実験場「フードラボ」オープン

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000017557.html

JR新大久保駅ビル3階・4階に「シェアダイニング」「コワーキング ス ペ ー ス 」 「 フ ァ ク ト リ ー キ ッ チ ン 」 を 備 え た フ ー ド ラ ボ 「 「Kimchi,Durian,Cardamom,,,」 を開業。 「国際的」なイメージが沿線第一位、豊かな「食」のイメージも高い新大久保駅で、「食」に関わる様々な 人が集い楽しむ交流拠点として、「新しい食文化」と「食を通じた新たなライフスタイル」を提案していくそう。新コンセプトの施設、注目です。

●調査「野菜の摂り方」:コロナ禍以降、健康嗜好の高まりで野菜摂取ニーズが高まる

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000007310.html

自宅時間が増え、健康嗜好が高まり、野菜ニーズも高まっています。

一方でなかなか、野菜調理に関する悩みも調査で見えてきました。手間がかかる、レパートリーが少ないなどのお悩みもあり、こうした消費者の意見は今後の商品開発の参考になりそうです。

●ファミマ:アプリ限定「ファミマのボトルキープ」!ペットボトルをまとめ買いしておトクに!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000269.000046210.html

利用者にとってはいつも利用する店舗が自分の冷蔵庫のような感覚で利用でき、1本の価格がお得、かつ保管場所も取らないというメリットがあるサービスです。ものを持たない生活という流れにも沿った新しいサービスで、今後、広がっていく可能性も感じますね。

お店側としては利用者の囲い込みにもつながりそうですね。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK