フードビジネス最新情報 12/10号

· ニュース

●くら寿司:佐藤可士和プロデュース Z世代ターゲットの新感覚寿司屋が原宿にオープン

飲食業界の苦戦が続く中、くら寿司が新たな攻めの一手です。

既に獲得できたファミリー層の次は流行や消費の新たな担い手であるZ世代の獲得を目指し、世界一映える寿司屋をコンセプトとした店舗とのこと。先々のターゲット、フィールドを見越した先手の挑戦、注目ですね。

●カレーパン専門店YES!:オープン3日間で2,500個完売!

カレーパンの専門店が大井町にオープンし、好調とのこと。

商品特化型の店舗はスイーツが多い印象ですが、食事・軽食どちらも対応できるカレーパンが商材という点が面白いですね。こちらの業態は、本格スパイスのルーを用いつつ、具材バリエの多さで勝負するようです。

●クックパッド:「食トレンド大賞2021」と「食トレンド予測2022」を発表

トレンド大賞 2021では、お米の代替食品として 活用する「オートミールごはん」が大賞に。「代替食品」や「高タンパク」といった健康志向のキーワードも注目されました。

来年2022年のトレンドキーワードは「新感覚」。

中東のブレンド料理「デュカ」、新たなカレー「ポークビンダルー」中華食材の「豆腐干」など、いつもと違う新しさを感じる料理・食材の人気が高まりそうです。

●シェアキッチン:デリバリー専門6店舗入居型クラウドキッチン「ExCell Kitchen(エクセルキッチン)」オープン! 

シェアオフィスならぬ「シェアキッチン」の注目度も高まっていますね。

こちらはデリバリー業態専用のシェアキッチンです。シェアキッチン、ミニマムで出店したい場合の利用先としてはもちろんですが、スペース活用の新しい方法としても検討できるのかもしれません。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK