フードビジネス最新情報 11/26号

· ニュース

●予想調査:“2022年 生活気分”を発表。2022年は「旅行」 「外食」 「貯金」にお金をかけたい

博報堂生活総合研究所が実施した翌年の景況感に関する全国調査。今年の景気が「悪かった」ことの反動で、来年の景気予想は「良くなる」が過去最高に。来年は今年よりも「旅行」「外食」「貯金」など、多くのものごとにお金をかけたいという意識が高まっています。

コロナ禍で景気や行動が停滞した反動から、来年への期待や意欲を高める生活者像がみえてきました。

●調査:インターンシップなどの企業選びでは、自発的な「検索」よりも「スカウトメール」を活用する傾向

2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケート結果。企業選びにおいて活用しているものは検索ではなく、「インターンシップ情報サイトからのお知らせメール」が60.6%で最多との結果が出たそうです。

スカウトメールに記載されていると嬉しいポイントは、「自分にスカウトを送ろうと思った理由」が71.8%で最多で、「自分宛」のメッセージを受け取りたいと考える学生が多い傾向があるようです。

●調査:求職中の主婦が仕事探しで困っていること「希望の条件で働ける求人に出会えない」69.5%、4人に1人が「自信がなく応募を躊躇」

求職中の主婦層が重視しているのは、「勤務時間」87.0%、「勤務地」85.6%、「勤務日数」76.4%となり、4位の「給与」54.1%を大きく引き離す結果に。なるべく家の近くで働くことで、通勤による拘束時間をなくし、限られた時間の中で効率よく収入を得たいというニーズが透けて見える結果となりました。

●俺の株式会社:平日限定オフピークフェア実施

緊急事態宣言解除後、同社では来店客が増え、予約も回復が見られているそう。ピークタイムは回復が見られるものの、平日のオフピーク帯は来客数は少なく、そこに目をつけたフェアの1つだそう。

●サッポロライオン:銀座ライオン七丁目店 登録有形文化財に指定

銀座七丁目にある日本最古のビヤホール。創建当時から内装はほとんど同じまま、80年以上もの間、銀座の歴史を伝える歴史的建造物として、多くの方々に親しまれてきました。そんな価値ある建造物が、登録有形文化財(建造物)として指定されました。

こうした価値あるお店の話題が、低迷する業界の活気付けにもなりそうですね。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK