サイトへ戻る

フードビジネス最新情報 12/24号

· ニュース

●すかいらーく:各ブランドからバラエティ豊かなテイクアウト&宅配メニューが勢揃い!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000017486.html
 ガスト・バーミヤン・ジョナサン・しゃぶ葉・夢庵・ステーキガスト・から好しなどの展開ブランドにて、和洋中多様なシーンにご利用いただける大皿プレートをはじめ、年末年始に向けてテイクアウト・宅配メニューを拡充しています。
家族が自宅で一緒に過ごす時間の増加により、毎回の食事の準備や後片付けに追われる方にありがたい取り組みです。

●王将:期間限定!ご家庭応援メニュー『お持ち帰り専用 お子様弁当』が登場
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000011353.html
王将では冬休み期間限定、ご家庭応援メニューとして「お持ち帰り専用 お子様弁当」を販売。
電子レンジ対応容器のため、おかずとご飯を一度に温めることができ、お子様でも簡単に準備ができる工夫がされています。。
子どもの食事に特化したサービスは、ニューノーマル下ではさらに需要が高まりそうですね。

●ワタミ:売上前年比300%、販売好調な冷凍惣菜がターゲット拡大へ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000297.000009215.html
「ワタミの宅食ダイレクト」は、4月~10月の売り上げが前年同期と比較し、約300%で推移。このニーズの高まりを受け、メインの50代以降の顧客層に加え、より若い世代の利用も狙い、新たにAmazonへの出品を開始したそう。冷凍惣菜の販売チャネルを増やし、さらなる顧客層拡大を目指します。

●西武:新たな生活様式を充実させるイエナカごちそうニーズへの福袋
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000697.000031382.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAa-dg6nb2-SFaLABIA%253D%253D

外食を控えるイエナカ正月。「丑年にちなみ家族で贅沢な食卓を囲みたい」という願いを叶える松阪牛・神戸牛のすき焼き用肉の詰合せ福袋や、日本酒やビールの飲み比べ福袋など、
コロナ禍で増えた在宅時間を充実させる内容の福袋を販売しました

●調査:2021年外食で狙うべきキーワードは「ハレの日」需要。|2021年飲食業界動向予測
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000023564.html
変容するライフスタイルの中、外食機会は減少し、プライベートでの利用が増加しています。
そんな中でもハレの日の利用目的は根強く、利用目的の割合も2019年比116%に伸びているそう。
外食頻度が減る一方、外食への目的意識や、1回の食事を贅沢に楽しみたいという消費者心理が、今後も一層高まっていくとの調査結果です。

●調査:ニューノーマル下での食品購買行動
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000011547.html
これまでのスーパーなどでの購買傾向であった「食費の節約」「食品のストック」「免疫力アップ商品への傾注」は3大要素として定着。
自粛生活からはじまった飲食店からのテイクアウトは行動として続いていますが、内食では自分で作る「新しいメニュー」「手の込んだ料理志向」は低下しているそう。
手の込んだ料理は無理に作らず、外食・テイクアウトで・・・という流れとなってきそうな調査結果です。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK